外国産中古車のデメリット

故障が多いとも言われている

憧れの外車を少しでも安く購入するなら、中古車に注目してみましょう。中古車は新車と同じというわけではありませんが、うまく探せば手頃な価格で質の良い車が見つかることもあります。安く買えるのは大きなメリットですが、中古車で外国車を購入する場合はデメリットも多いといわれています。まず、中古車はある程度の傷や汚れはあります。それだけではなく、外国産の車は日本の気候に合わせて作られていないこともあり、故障が多いといわれています。国産車よりも部品も高いので、安く購入できても修理代で結局高くついてしまう可能性があります。それから、外国車はハイオクガソリンを入れることを想定して作られているものが多いので、ガソリン代が高くなるということも理解しておきましょう。

維持費が高くなる可能性もある

中古車で外国車を購入するデメリットでは、維持費が高くなることがあげられます。まず、自動車税は排気量が大きいほど高くなります。外車でも排気量が小さい車なら、税金はそれほど高くありませんが、排気量の大きい車を選びたい場合は高くつきます。さらに、もしもの事故に備えて任意の自動車保険に加入する人も多くなっていますが、スピードの出るスポーツカーを選んだ場合は保険料も高くなるので注意が必要です。車検代も、国産車より高くなる傾向があるのでそのことも理解しておきましょう。メンテナンスがしっかりと行われていない中古車を選んでしまうと、購入後に多くの費用が発生する可能性もあります。購入前は、整備や部品の交換がきちんと行われているのか、購入後の保証が用意されているかどうかも確認しておきましょう。