外国産中古車の選び方

外国産中古車は修理コストがかかる

外国産の中古車を選ぶときに見るべきポイントは修理する場所がどれくらいあるかです。国産車に比べて外国産車は部品が手に入りにくく、そして部品1つの単価も高いです。そのため、年式が古すぎたり、部品が摩耗ばかりしていたりする中古車を購入してしまうと、その後の修繕費が高額になる可能性があります。車を購入するときには部品の状況を入念にチェックしてもらうと良いです。外国産車では、タイヤ1つとっても高額になります。購入するときには、そこまで意識して選びましょう。見積もりをとってもらうことができる場合には、消耗品に当たる部分は交換してもらうことを前提に、交換費用まで含めて計算をしてもらうと後で後悔することがなくなります。

車の選び方は基本的に国産と同じ

外国車であっても、車を選ぶときの見るべきポイントは国産車と同じなります。走行距離はできるだけ少なく、車の年式はできるだけ新しいものが良いでしょう。複数のオーナーが利用しているよりも一人のオーナーが利用したもののほうがおすすめです。1つ確認するとすれば、日本に新車として輸入されたものなのか、中古車として輸入されたものなのかは確認したほうが良いです。海外で長い期間利用されて、それから日本に来ている場合には、向こうでのメンテナンスに不安があります。日本で販売されたものでも正規ディーラーで見てもらったものか、いろいろなディーラーで整備されたものかで整備状況が違うことを考えて、車選びの参考にしましょう。

中古車のリースは安価に車を使うことができる方法の1つです。車の価格が安いので月に2万程度で車を保有できます。